春の足音

すっかり春ですね🌸昨日出掛けた先では河津桜が咲き誇り、目にも鮮やかな様子でした。

さて、コロナによる影響は生活にも大きな変化をもたらしていますね。

イベントが中止になったり、学校がお休みになったり。

音楽従事者にとって今回の急な対策は打撃も大きく。

音楽家のなかには、フリーで活動していらっしゃる方も少なからずいらっしゃるはずなので、保証がないことはかなりシビアだと言うことを突きつけられている現在ではないでしょうか。

大変な状況ではありますが、更なるコロナの拡大を阻止できるなら、今の痛みはこらえるところなのでしょうね。

とは言いつつ、家で練習をすると言う時間には恵まれそうです。

春です。名曲がたくさんあります。

せめて、辛い状況の中でも気もちは豊かでありたいと思います。

先日はオーケストラでシューマンの交響曲第1番「春」を演奏してきました。

この曲は、シューマンがベトガーという詩人の作品に影響を受けてかかれたとされています。

当初は(現在は副題は取り去られている)それぞれの楽章に

  • 第1楽章 – 春の始まり
  • 第2楽章 – 夕べ
  • 第3楽章 – 楽しい遊び
  • 第4楽章 – たけなわの春

と副題がついていたそうです。

まさに今からの季節を満喫できる1曲ですね。

楽器と向き合える時間を大切に過ごそうと思っております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA